MENU

ピラティスとウォーミングアップ

ピラティスをやる前にはウォーミングアップが必要です。いきなりピラティスを行ってしまうと、体を痛めたりします。ピラティスは激しい運動ではありませんから、準備運動はしなくてもいいと思っている人もいるかもしれませんが、ウォーミングアップは大切です。ウォーミングアップをしないでピラティスをやってしまうと、けがをしたり、体を痛めてしまうと思いますからピラティスを行う前には必ずウォーミングアップを心がけましょう。では具体的にはどのようにウォーミングアップすればいいのかというと、特にピラティスをやる前だからこんなウォーミングアップをやらなくてはいけないという決まりはありません。首や肩を回したり、前屈をしたり、体を伸ばしたりするので十分だと思います。

 

もしも自分が普段の行っているストレッチの方法があるならピラティスの前にストレッチを行っても十分効果があります。とにかく体を少し温めてウォーミングアップしてからピラティスを行うことが大切です。またピラティスを始める前には水分補給もしっかりと取っておくと、代謝が良くなってピラティスの効果がアップします。ストレッチと水分補給を忘れないように、ピラティスを行う前には準備しましょう。

ピラティスと腰痛

ピラティスと腰痛についてですが、ピラティスを始めたきっかけが腰痛を改善したいと思っているという人も多いのではないでしょうか。ピラティスには様々な効果があるといわれていますが、腰痛にも効果があるといわれています。ピラティスはコアと呼ばれる体の中心の筋肉を鍛えるエクササイズです。このピラティスを行うことによって曲がっていた背骨や骨盤の位置が正しい場所に戻ります。腰痛というのは体の歪みから来ることが多いといわれていますから、体の歪みを改善することによって腰痛が治るといわれているんですね。ですからピラティスをおこなってコアな筋肉を鍛えればピラティスで腰痛が改善されたり治ったりするというわけです。

 

腰痛に悩んでいて整体や骨盤調整に通っていた人も、自宅で手軽にピラティスをやり始めてから腰痛の症状がすっかり良くなったという人も多いようです。ですからピラティスはとても腰痛に効果があることが分かっています。ピラティスは腰痛に効果がありますし、姿勢も正しくなりますから、今まで姿勢が悪くて腰に負担をかけた歩き方をしていた人も、ピラティスによって姿勢が正されて腰への負担が軽くなったという人も多いのではないでしょうか。

ピラティスの前の準備

ピラティスを行う場合にはあらかじめ準備しておくことが少しあります。たとえばピラティスをする前の準備としてはどんなことがあるのかというと、ピラティスを行う前には、自分の家でする場合には、体をリラックスさせてからピラティスを行うのが一番ですから、まずはリラックスできる環境を整えることがピラティスを始める際に大切なことだと思います。そしてピラティスを行う上で洋服も、ジャージや締め付けないような楽なウェアに着替えた方がいいでしょう。ジーンズをはいてピラティスをやったり、ストッキングなどを履いたままピラティスを行ったのでは正しい効果が表れないと思います。それから大切なことは、ピラティスを硬い床の上で行ってしまうと、ある特定の場所を痛める可能性がありますし、けがをするかもしれませんから、できればピラティスを行う場合には、ヨガマットなどを用意しましょう。

 

ヨガマットはヨガ専用ということはありませんからピラティスを行うときにも役に立ちます。もしも畳や柔らかいマットが引いてある床なら大丈夫だと思ってしまう人もいますが、それでもやはり、ヨガマットやバスタオル、ブランケットなどを用意してピラティスを行ったほうがいいでしょうね。